タヒチアンダンスの効果

タヒチアンダンスの効果

実はフラダンスより歴史が古いとされているタヒチアンダンスですが、まだ文字で意思を伝え合う習慣がなかった時代に、踊っている時の手の動きで感情を伝え合っていたと言われています。

日本でも人気を集めているタヒチアンダンスはその動きをベースに、ダイエットの効果を目指して体系化されています。ある時は情熱的に、またある時はやさしい動きによって、女性の美しさを引き出す優れたエクササイズとして認知されてきています。

 

|タヒチアンダンスの効果

①くびれたウエストが手に入る!
タヒチアンダンスの基本ステップであるタイリタマウとは、まっすぐ立って、足はかかと同士をくっつけ、つま先をVの字型に開きます。背筋をまっすぐ伸ばしたまま腰を落とし、両手は腰に置き、膝を軽く曲げます。この姿勢になってみると分かりますが、腹筋や背筋がやや緊張しています。この状態のままお尻を左右に振るのでのくびれがつきやすくなるのはもちろん姿勢も良くなります!!

②ヒップアップ効果!
基本ステップタイリタマウの他に少し複雑なファーラプという動きがあります。左右の膝をバラバラに曲げたり、伸ばしたりしながらお尻を回したり、やや激しめの動きですが、体幹がぶれないようにすることがポイントです。お尻が動く際に、足を使わずに、腹筋と背筋を使って行い、視線もまっすぐ前を見つめるようにしましょう!
タイリタマウやファーラプの動きで、ウエストのくびれやヒップアップ、姿勢改善効果にはぴったりです^^

③燃焼率アップ
身体も慣れはじめ、そうした動きをマスターすることができたら、腰を激しく動かす官能的な動作にも挑戦してみてください。タヒチアンダンスには1分間に200回腰を激しく動かすタムレというダンスもあります。音楽に合わせてダンスをしていれば、脂肪もいつの間にか燃えて、腰回りがすっきりしているはずです。

④自信が持てる
タヒチアンダンスは発表をする場も少なくはないため、痩せるという目標がいつの間にか誰かに見せたいという目標に変わることも。
キレイなくびれを手に入れれば、自分に自信を持てるはずです。

 

photo by [LuxTonnerre]

 

有酸素運動と無酸素運動をうまく組み合わせられているタヒチアンダンスは、ダイエット効果が抜群♡

楽しく踊りながらウエストくびれや、ヒップアップができちゃうなんて素敵・・・♡

産後ダイエットとしても人気上昇中のタヒチアンダンスについて詳しく知りたい人は、タヒチアンダンスについても良かったら見てみて下さい^^

 

 

1 Comments

  1. Pingback: フラダンスとタヒチアンダンスの違い | フラダンスとタヒチアンダンスの情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)