ハワイ女性の衣装について

ハワイ女性の衣装について

ハワイの正装では、男性はアロハシャツ、女性はムームー、ホロクというドレスを着用するのが一般的です。ハワイには1820年以前は生地が存在せず、1778年のキャプテンクック来島によって、ヨーロッパからハワイに生地がもたらされました。1820年にプロテスタントの宣教師が来島し、その妻達が着ていたドレスが王族の女性に広まり、時間と形を変え、ムームーはカジュアル、ホロクはフォーマルなドレスになりました。

ハワイの伝統的衣装から発展

宣教師来島の1820年以前は、ワウケの表皮から叩いて作ったカパというものを、何枚かに重ねたパウスカートを身にまとっていましたが、上半身はほぼ裸でした。
宣教師の妻達が着ていた西洋のドレスは、ハイウエストの細いスカート、タイトな長袖のドレスでした。このドレスに魅了されたハワイ王族の女性達は、同じようなドレスが欲しくなりました。

当時の王族の女性達は体重が300パウンド(約136kg)近くある体型で、妻達はその体型に合わせゆったりとしたスカートに、ヨーク(布の切り返し)を胸よりも少し高い位置に移動した袖の短かいドレスを王族の女性に仕立てました。

ムームーについて

「ムームー」とは、ハワイ語で「短く切る」という意味を持ち、西洋のドレスをハワイの気候合わせ、袖や裾を短くアレンジしたことが発祥とされています。

日本では、フラダンス、夏のリゾートウェア、家庭着、健康ランドなどの館内着としても活用されています。
通常は、薄手の木綿で、ゆったりとしたシルエットに作られ、アロハシャツのような派手なハワイらしい色柄のものが多く、フリルなどが使われた可愛らしくデザインしているものが多いです。
形もウエストの切り替えのないもの、細身のシルエット、パフスリーブのもの、五分袖、七部袖のものなど実に様々です。

また、ムームーは、アウアナ(現代フラ)を踊るときに着用される衣装です。
アウアナの競技や大会などで用いられる代表的なドレスは、ムームーといっても良いほど。
フラのコンテストの採点では、衣装も重要なポイントの一つと言われるほど、ムームー選びは大切な要素です。

ホロクについて

ホロクは、上品で優雅なゆったりとしたドレスです。

最近では、ムームーとひとまとめにされることも多くなったホロクですが、宣教師の影響を強く受け発展したので、首の部分はハイネックで長袖、あくまでも西洋風ドレスに準じたスタイルといったイメージが強いです。

ホロクの素材は、シルク、サテン、ベルベット、レースなどの素材が使われており、フラダンス、それ以外の場でも、フォーマルな衣装として定着しています。

イメージとしては、ハワイの女王の肖像画などで、着ている西洋がかったフォーマルウエア。あれがホロクになります。


photo by muumuurainbow

知識が広がると、衣装選びの幅がぐっと広がるはずです♡

https://maunaloa-mmj.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)